ペスタロッチの教育思想から学べることのまとめ

道徳的な人間を育てることの大切さを説いたスイスの教育思想家「ペスタロッチ」から学べることをまとめました。

スポンサーリンク

ペスタロッチの教育思想から学べることのまとめ

ペスタロッチはスイスの教育思想家で、その生涯を通して子ども教育に関わり、理想の教育のあり方を探求し続けた人物です。

「道徳的な人間を育てる」ということを基盤にして、家庭生活の大切さを説きました。

子どもたちに経済的に自立できる能力をつけさせて、健全な家庭生活が営まれることによって健全な家庭生活が生まれ、道徳的な人間が育成されると考えていました。

民衆が貧困に陥らないための教育活動

ペスタロッチの教育活動の最大の目的は「民衆が貧困に陥っている原因を根本から取り除くこと」でした。

貧困の原因は、民衆に自立して経済活動をしていく能力が身についていなかったことだったので、子どものたちに自立できる能力を身に付けさせれば、貧困の原因を取り除けると考え、技術の教育を急いで行っていきました。

また、貧困の原因を取り除くためにの基盤は家庭にあると考え、各家庭を立て直していくことにも注力していきました。

ペスタロッチは貧民や民衆向けの教育を初めて実践した思想家

ペスタロッチは、初めて貧民や民衆の子どもを対象にして、人格形成までを含んだ教育活動を行った人物です。

「王であっても、住む家のない人でも、すべて同じ人間である」という考え方をもっており、どんなに貧しくても、どんなに不良でも、すべての人間には神から与えられた人間力があると信じていました。

このことから、ペスタロッチは「民衆教育の父」と呼ばれています。

それまでも、ルソーの「エミール」などの教育書はありましたが、中流階級以上の子どもを対象にしたものしかありませんでした。

社会的状態の人間から道徳的状態の人間へ

ペスタロッチの著書「ゲルトルート児童教育法」によると、人間教育とは、知識教育である知的教育や、身体的教育である技術的教育を経て、心情的教育である道徳教育をもって完成される、という思想を持っていたことわかります。

人間には3つの状態の人間が存在すると考え、堕落的ではない自然人と堕落的な自然人に分けられる自然状態の人間、社会的状態の人間、道徳的状態の人間、があるとしました。

ペスタロッチの教育目的は、道徳的状態の人間をいかに多くつくるかであり、道徳的状態の人間こそが本来の人間の姿であるとし、「社会的状態の人間という現世の人間を、道徳的状態の人間にするのが教育」であり、それが人間教育だと考えていました。

人間の愛を育てる道徳的教育が一番重要

ペスタロッチは、人間には生来的に3つの根本力が備わっており、すべての人間は心情的根本力、精神的根本力、身体的根本力を持っていると考えていました。

この3つの根本力への教育こそが「人間教育」に通じると考え、心情力の教育が道徳教育、精神力の教育が知識教育、新体力の教育が技術教育であるとしており、これらを統一する内なる力が愛であると考えていました。

愛は心情力の基本になるので、道徳教育を中心として、この3つの教育は調和的に統一されるというのが、ペスタロッチの教育思想です。

スポンサーリンク

ペスタロッチの教育思想から学ぶべきこと

ペスタロッチの教育思想から学べることは、大きく2つです。

  • どんな境遇でも人間には平等の可能性がある
  • 家庭生活が人格を形成するのに大きな影響を与える

人間には、誰しもが神から与えられた特別な能力を持っており、それを発揮できるかどうかが人生を左右するということですね。

全ての人間に神から与えられた能力があると信じる

子どもを育てる親や家族はもちろん、学校の先生、会社の上司や先輩などの立場にある人たちは、これを理解しておく必要があります。

「なぜ、うちの子どもは成績が悪いのか?」「なぜ、この生徒はろくでもないのか?」「なぜ、この社員は仕事ができないのか?」とネガティブな考えだけを持つのではなく、「どうすればこの子は輝くことができるのか?」という人間の可能性を信じることが大切なのだということが学べます。

さらに、自分自身が自分の可能性を信じることも大切です。

今の自分が能力を発揮できていないと思うのなら、どうすれば自分の能力を開花させられるのか、を考えて行動することで、人生がポジティブなものに変わっていきます。

家庭生活が人格を形成する

どんな家庭環境で子どもを育てるかで、その子の人格が大きく変わります。

学校で勉強をするのでも、仕事で成果をあげるのでも、その人間の根底を支える家庭生活が安定していることが大切です。

親ならば、経済的な安定はもちろん、精神的にも安心できる環境をつくれているかどうかを常に意識しておかないといけませんね。

子どもが道徳的な人間になれるように、家庭全体でサポートする姿勢が大切だということです。

今回紹介したペスタロッチの教育思想を参考にして、自分の子どもに対しても、自分に対しても、「道徳的な人間を育てること」を意識していけるといいですね。

それではまた。

スポンサーリンク
おすすめの記事